読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Me, Myself and I

All what I want to do is to spend guite regular life

イライラ

このところふと気づくと無性にイライラしている自分がいる。

仕事量が多いから❓ 責任❓重圧❓

ソンクラン2日目

9時過ぎに起床、ドミトリーの部屋はクーラーが24度設定で、寒くて何度も目覚めた。チェックアウトの12時まで時間に余裕があったので、近くの小洒落たカフェで朝食をとる。モーニングセットでトーストやソーセージ、目玉焼きがついて125 baht(現在のレートで400円程、スタバに入るとcoffee一杯に相当)

以前、物価指標としてはbahtを10倍したものを円で捉えるといいらしいと聞いた。それで換算すると1,250円、結構リッチな朝食である。

昼前にチェックアウトして、チャトチャックマーケットへ。ヤフー知恵袋にはソンクラン中も開催と書いてあったのに、植物が売られている他はクローズ。

幸い日本で買うと馬鹿高いエアープランツが格安で売られていたので、インテリアに幾つか購入した。

そんなわけで、1日このマーケットで潰す計画が破綻し、途方にくれとりあえず中心街へ。前日パラゴンとスクエアは回ったし、プロンポンの高級デパートはいっても買えるものはないので、サイアムのMBKへ。

このデパート内、東急が入ってるからそこそこハイソかと思いきや、中は個人商店でごった返し、あまりの混沌さに奥に行く事の恐怖すら感じた。ビル一つ隔てて、これほど雰囲気、客層、価格帯が違うのも驚きである。

この二日間、水鉄砲を持った地元民、旅行者と多くすれ違ったが、みな水かけ祭り目当てに集まってきている。歩道を歩いていると老若男女お構いなしに容赦なく水を浴びせられるが、幸いBTS(モノレール)駅構内や店内は逃げようがないため襲われたりはしないあたり割とマナーはしっかりしている。ゲストハウスにも多数のスナイパーが滞在しており、朝から晩までひっきりなしに水鉄砲を抱えた旅行客が出入りしていたものの、僕は2日間被害にあわずに済んだ。(実際には、大学生風の集団の流れ弾に当たって軽く舌打ちしたが)

水かけ祭りも、大学生くらい!?までは嬉々として参加してただろうけど...。

 

ソンクラン

ソンクラン初日

昼過ぎにバンコクに到着し、まずモノマーホテルにチエックイン。ゲストハウスは一泊たったの400バーツ(今のレート3.2円換算で、1280円)で泊まることができる。

タイ飯に食傷気味な僕は、昼はモスバーガーに、夜はサボテンで豚カツを食べた。タイの野菜はみずみずしさが無いから、ただのキャベツの千切りでもとても美味しい。

今日の活動内容は、サイアムパラゴンで文字通りのウインドウショッピングをした後、セントラルワールドのMUJIで枕を、伊勢丹紀伊国屋で雑誌と本を調達しただけ。やっぱり東京に比べるとショッピングは退屈…。

どこも無難な品揃えで、先月パラゴンに出来たビームスは結構楽しみににしていたものの、予想以上に品数が少なく、らしさを感じないセレクトだった。

明日はチャトチャックマーケットに足を運ぶ予定。

10万円

ソンクラン中の日本帰省を狙って、Skayscannerにて毎日航空券の空をチェックしている。それで、目安となるのがこの金額、13日に帰ったとして、17日にはこっちに戻らないといけないわけだから、実質日本に滞在できる期間は正味3日。その3日間のために、10万というのがどうも気持ちに踏ん切りがつかないわけで、今日までうじうじ迷っている。来月には、一時帰国で嫁に会えるんだし、ここで無理をしなくてもと思うけれど、そのわかりにこちらで過ごす5日間はとても憂鬱で、無味乾燥なものになるだろう。それでも将来的にマンションを購入したり、子供ができたりということを考えるとできるときにちゃんと貯金しなくちゃと思う。

 

最近の休日はなにもする事がなくて、昔は時間が空いたらすぐ個人参加型のフットサルを予約して体を動かすか、自転車にまたがりウィンドウショッピングを楽しんだり、時には勉強しに図書館に足を運んだりしていたものが、今はホテルで一日だらだら過ごすのが日課になっている。携帯ゲームで時間を潰す日々。

バンコクにいったら伊勢丹で、休日のために本を買おう。

休日

  • 平日になると早く週末になって昼頃までゆっくり寝たいと思いつつ、休日になると暇でやることがなく、早く平日になればいいと思う。
  • タイの景色はどこに言っても変わり映えがなく、あまり散策する気が起きない。タイの人は穏やかでフレンドリーで好きなのだけど、あいにく風土と食事はどうも合わない。
  • 近い将来マンションを購入したいと思い、色々ネットで情報を収集している。果たしてどこに住むといいのかな。できれば23区がいいのだけど、できれば緑が多くて閑静な住宅街があるところがいいなと探してみるのだが、なかなか複数に絞りこめない。やはり実際にショールームにいって周辺を歩いてみるのが一番だろう。漠然と今は貯金をしているけれど、あと何年後、どれくらいの相場でという実感がない。

Fishmans

25th anniversary のSHM-CDが出るらしい。早速、アマゾンで予約した。

届くのが楽しみ◎

受け取れないけど…

ソンクラン

今度のNabowaのニューアルバム、Polarisオオヤユウスケが参加らしい。ともに大好きなアーティスト、とても楽しみ。

現在、仕事でタイに赴任している。来月半ばにソンクランと呼ばれるタイの正月があり、まとまった休みが期待されるので、この機会に一時帰国と考えたのだが、どの航空会社もこの時期は満席で、やっとこさ見つけてもビジネスクラスか長時間の中国経由便しか空いていない。日本に帰れないのであれば、一週間近くもこの滞在先で過ごすのももったいないので、バンコクに行く事にした。とはいっても、とりわけてバンコクに行く目的はない。水かけ祭りは昨年、カオサンで参加したが、一回経験すればいいかなという感じ。むしろ、うだるような炎天下で、押し合い圧し合いして、水と汗で全身びしょびしょになるのは辛い。またバンコクには、日本人が経営する洒落乙な雑貨屋がプロンポンあたりにあるのだが、あいにくソンクラン中は全てお休みである。昨年、3~4時間も汗だくで歩いた結果は全て徒労に終わっている。

それならば、贅沢に、コンラッドやマンダリンに泊まって、チャオプラヤ川を眺めながらテラスで優雅に日光浴なんて選択肢もなく、伊勢丹とサイアム、プロンポンあたりをぶらぶらして過ごそうとAgodaとBooking.comで抑えた割と綺麗めなドミトリーを予約した。ちなみに昨年もサイアム近くのドミトリーに泊まって、同じ部屋に泊まっていた韓国人の子と水かけ祭りに参加した。今年はドミトリーで大人しく読書でもしていよう。

先輩は香港に行くらしい。僕もバンコクより香港のが文明的で楽しそうだなと思ったものの、航空券が結構したので断念した。学生時代は時間があってもお金がなく、社会人はお金があっても時間がないというけれど、いざ社会人になってみると、別にお金も時間があるわけでもないことに気づく。